スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋水爆とは?

911テロではどうやら核兵器が使われたらしい。
どういうものかは分からんがね。

Wikiによれば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E7%B2%8B%E6%B0%B4%E7%88%86
「2010年現在、実用化されていない」シロモノの様だが・・・・
それは、公式に発表されてなかっただけかも知れない?。

先ずは、以下の記録をご覧アレ。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6HENbLXwA6o

人間も備品類も、全てが粉塵と化したが、犯行機を操縦していた犯人の身分証明書は発見されたという。
素晴らしい操作?、イヤ捜査能力だ。
スポンサーサイト

不思議なこと

たまに訪問していた「およよと驚く毎日」ブログのページが開かない。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/
のURLでは駄目のようです。
何方か、ご指導願えませんか?。

メディアが触れない不正選挙

昨年末の衆院選は自民の圧勝で決着した・・、かに見えたが、どっこい、怪しげでマコトしやかな情報がネットを駆け回ってる。

いちいち疑義を挙げていたらキリがないが、大雑把に纏めると、
1.マスコミが喧伝するところの戦後最低の投票率。
   ・・・かって無いほどの投票場の混み具合、また、関心事の多い選挙からしてウソだろう。
2.理由に難がある投票時間の切り上げが全国的に発生。
   ・・・正規には午後8時閉場のところ、群馬県・福島県をはじめ、最大4時間も短縮された。
3.支持率~出口調査の怪
   ・・・マスコミの事前世論調査に併せた如くに開票と同時に早々と当確者が決定。
      実際の出口調査では自民低調の情報が流れていた。
4.未来の候補者の得票の不自然さ
   ・・・選挙区~比例区の配分に特異な例が多数観られる。
5.開票の経時的得票数のアンバランス
   ・・・終盤における短時間での特定候補者の得票率の異常さ
6.自動集票マシーン(KKムサシ製)の疑惑
   ・・・過去にプログラム改竄の前科があり、かつ、集計結果の再確認は不十分である。

これらの疑義は、統計学的な分析や投票立会い者等からの情報提供を基にして考察すれば、ほぼ大規模な不正が為されていたとの見方が可能として、選挙無効を訴える数件の異議申し立てが為されている。

この不正選挙について、いち早く問題視して広く情報収集に取り組んでいる唯一のブログがある。
ネット時代ならではの政治権力構造艦視の国民的ネットワークの走りとみて間違いなかろう。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/

首筋騒動、一件落着

3月に入っても症状が止む気配がない。
日によっては摂食動作にも影響が出そうで気分が穏やかならず、6日になって遂に内科行きを決意した。
嘗て胃・食道関連の検診で異常なしのお墨付きを頂いたH内科医院へ出向いたが、ファイバースコープの設備が無いとのことで、急遽一昨年の検診で世話になったYクリニックへと進路変更。
そこは、うまい具合に当時のデータ票の受け取りを兼ねての訪問になりグッドタイミングであった。
その日は初診の手続きだけで、1日置いて8日に内視鏡検査をする事になった。

さて、検査だが、以前は口腔経由でかなり太いチューブを飲まされた経験があるが、この度は径が鉛筆くらいで大分細くなり、しかも鼻孔から入れるので会話もできるという代物だ。
鼻穴にスプレー式の麻酔剤を噴霧し、ゲップも少なく、映像も眺めながら難なく検査終了。
結果は、食道も胃も、これといった異常はなし。
胃の幽門部に胃壁が一部伸長している「食道ヘルニア」とかは発見されたが、特に心配する事でもないようだ。
胃酸抑制の調剤を処方されたが、余計なお世話・・とは言わないが、それは無視。
要した費用は1900円程、勿論薬代はゼロ。
此処でも、首の疼きの原因は解明できずに終わった。

ところがである。
帰宅して鼻の麻酔が切れた2時間ほど後からの異変には驚いた。
嘗て経験したこともない鼻水とクシャミの止むことのない襲来に丸1日くらいは悩まされた。
不思議なことに、それが落ち着くに連れて首根っこも何処も、件の症状が消え去ったのである。
察するには、鼻粘膜に対する麻酔の刺激が、しつこくへばりついていた何らかの感染炎症を鼻汁と共にスッカリ洗い流してしまったのではあるまいか?。
首の痛みは感染症が治る頃に発症することがある、とネットで調べた中で一箇所だけ目にしたことがある。
従って、内科へ出向く前に多分治るだろう、と楽観してはいたのだが・・・・。
ま、そう言う訳で一件落着。
また当分は焼酎を心置きなく嗜んで行けそうだ。ヤレヤレ・・・。
検査時の写真を貰えるそうだが、今度は、いつ出向くことになるやら思案中なり。

首根っこ、その後・・

2月21日(火)に、遂に~やっとの思いで耳鼻咽喉科へ出向いた。
以前、耳の下方頬脇が痛んで診てもらったことがあり、その際は耳穴に付ける薬(多分、抗生物質?)を貰ってきた。
妙なことに、帰宅して薬を使おうとした時点から痛みが嘘のように消えてしまってガッカリ?した覚えがある。
察するに、暫く様子を観ている間(10日位)に丁度治ったのに違いない。

この度は2ヶ月もの様子見にも拘らず、一向に治まる気配がない・・・ということで重い腰を上げた次第。
ドクターは内視カメラで鼻孔を奥まで覗いていたが、何ら異常が無いという。
最初から多少のウヅキのある深奥部分に管の先端が触れたようだが・・・痛くもない。
唾液が多いのが気になった程度で、咽喉方面も異常なしとのこと。

という訳で、首の疼きの原因は何?、リンパ節の炎症かな?・・との問には、「分からない!」だと・・。
食道界隈に何らか異常があればツバが多く出る、との見立てで、次は内科で受診されたし、で先ずは一安心。
要した時間は10分ほどで、かかった費用は¥900弱(1割負担)、と言うことは診療報酬は約¥9000か。
さ~て、内科方面はどうしよう?、また暫くは様子見だ。
プロフィール

norafu

Author:norafu
できもせんこと妄想したり、役にも立たぬ発明で時間の浪費。
安物の楽器を集めてはイメージ演奏で一流アーティスト気分。
酒のツマミに畑で芋と豆を採り、日々が出鱈目。
あな労愚じゃ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。